2009年07月08日

Metasequoiaでpmdファイルを読み込む その2



かこみきさんからのレス読んで初めて存在を知ったんですが、こんなのもあったのかーっ!
WEB巡回をサボり気味にしてるとこういうおいしい話に乗り遅れるので、恐い恐い。

えっと、まぁエントリのタイトル通りなんですが、前回の同名エントリとはまた別のプラグインです。
まだ制作途中のテスト版という事ですが、なんと、ボーン名やボーンのマテリアル、モーフまで読み込めるというっ!
アンカーはボックスだけ作成してくれるので、ボーン名を参照しながらマテリアルを割り当て直して、形状を修正しないと動かすことは出来ませんが、前回のエントリで紹介したプラグインより一歩、二歩進んでる感じです。
なにより、モーフを読み込んでくれるのが一番嬉しい。

ただ、モーフは頂点位置の違う丸ごとのオブジェクトとして作成されるので、モーフが多ければ多いほどファイルサイズが莫大に。(試しにかこみきさんのヨーコさんを読み込んでそのままMQOで保存したところ122MB程になってしまいました。)
なので、ちょっと一手間かけた方が良さそうですけど、そんな手間なんてこれから出来上がる物を想像したら屁でもね〜ですよね。
ちなみに↑はモーフに関係する顔だけ残して他はごっそり削除し、先日弄ってたヨーコさんに移植したものです。サイズは8MB程になってます。

そんなわけで、ご興味がある方は是非!
(んで、そのプラグインはどこにあんだよ?って感じですが、制作中なので大々的に宣伝しないでと書いてらしたので…。
うちのBlogで宣伝したからってどうこうって訳ではないでしょうし、有名なサイト様ですのですぐわかるかと思いますが。あなかしこ。)

(追記:プラグインの場所はこのエントリ最下段の「関連:ドリームクラブの亜麻音さん」を見て頂くか、検索エンジンで「塩肉亭」さんを調べてもらって、そちらで入手して下さい。)

23:50 追記


こちらのインポータ、モーフの命名規則がMikoto用だったのでkeynoteで使用するには一つずつ「elem:〜」に変更しないと行けなかったのと、エントリ内で触れたようにサイズがでかくなると拡大もままならない状態になっていたので、読み込み時のサイズ指定を要望出させて頂いたら速攻で対応して頂けました。
なんていい人なんだ(泣 ありがとうございますーm(__)m

関連:
Metasequoiaでpmdファイルを読み込む
ドリームクラブの亜麻音さん
posted by casiopea at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30390830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック