2010年03月31日

Decocoちゃん吊り目モーフ

先日の絵で使ったDecocoちゃんの吊り目モーフ、ちょっと別のお勉強でセレンディピティが発揮されてまとめちゃいました。

…いや、なんか言葉の選択がおかしい気がする。

空きチャンネルの無いフィギュアに吊り目モーフのINJポーズを作るのをどうすればいいのか考えてたんですけど、結局わからなかったってのが正解ですね(汗
そんなわけで、配布物の中身はRTEncoderでエンコードされてるcr2の差分ファイルです。
ですので、正確には吊り目モーフ(の仕込まれたフィギュアのcr2)の配布です。
RTEncorderについては調べればわかると思いますので、説明は割愛させて頂きます。

あと内容物にはおまけで、目のテクスチャを変更するポーズファイル(pz2)も同梱してあります。

吊り目モーフって言っても、↓これくらいしか違いのない微妙なものですし、ちょっとメッシュも寄っちゃってますが。。



久しぶりのPoserのお勉強&配布物をまとめた&Poser8での初配布物作成なので、色々問題が残ってそうな気もするんですけど、試しに置いておきますので、使えそうならどぞ↓



http://casiopea.jp/sozai/dl_sozai/decoco_slant_eye.zip(約1.4MB)

4/1 18:00 追記
先日の絵はこのモーフができあがる前の中途半端なものだったので、このモーフを使った絵も一枚↓



前回のはWarabiMPレンダでしたけど、今回はPoserレンダで。
マテリアルはただ単にToonを繋いだだけのものですが、まぁまぁ見られるんじゃないかと。



っていうか、いつのまにかPoser8のレンダリングでToonノードのインク幅が設定されてると、レンダ結果がおかしくなるっていうのは直ってたんですね…。

この絵を作ってて思いついたんですけれど、このモーフ使えばヴァンパイアバンドのミナ姫とかも作れそうですかね?
posted by casiopea at 14:38| Comment(10) | TrackBack(0) | お持ち帰り