2009年07月20日

化物語



今期も色々とアニメチェックは欠かしておりませんが、その中でも「化物語」が自分的ヒットであります。
まぁ、ずっと言い続けておりますが原作は読んでません。
原作は挿絵の1枚もない文字オンリーの小説らしく、アニメ化にあたって人によっては納得のいかない部分もあるのかも知れませんが、読んでない自分には全く何の問題もなく楽しめております。
今のところ3話まで観ましたけど、主人公とヒロイン達との言葉遊びというか、そのやりとりが観てて(というか聞いてて?)面白いです。
思わず原作2冊をアマゾンさんで頼んでしまいました。
時系列的に化物語の前の話になる「傷物語」、あとの話の「偽物語」は「化物語」を読み終わってからどうするか考えようかと。

アニメの方のエンディングの歌はVOCALOIDの「メルト」や「ワールドイズマイン」でおなじみのsupercellの作で、しかも歌ってるのがニコニコの「歌ってみた」で名を馳せ、「メルト3Mミックス」でコラボレートしてたガゼルさんという、なんとも贅沢なモノになってます。
supercellファンの方は曲だけでも聴く価値ありですね。
ニコニコ動画で有名になってアニメのエンディングを飾るなんて、なんつーかすごい時代だな〜と思いますです。

後、今期のアニメでは「CANAAN」「狼と香辛料II」、前期から引き続き「戦場のヴァルキュリア」をチェックしてますが、ヴァルキュリアは原作のゲームの方が好きな事もあって、なんか微妙な話の展開に「う〜ん」って感じです。
「CANAAN」は…まだよくわかりませんが「空の境界」と雰囲気が似てますね。話の展開はこれから明かされていくんでしょうけど、今のところ???って感じ。

なんか今期観るの少ないな〜。
posted by casiopea at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記